NTTグループカードレギュラー審査の口コミ評判

NTTグループカードレギュラー審査のコツや口コミ・評判や対象、年会費、保険制度、サービス、得点、景品、キャッシュバッグや還元率、審査の時間、申込方法などの特徴を紹介。

住信SBIネット銀行 NTTグループカードレギュラー審査の口コミと評判をまとめました。

NTTグループカードレギュラーなら、高校生を除く18歳以上で、本人に安定した継続収入の人やバイト・派遣・パートの方、また本人の両親に安定した継続収入のある方が申込み対象!{最短1週間でカードをお届け。WEB明細サービスの利用で年会費無料のスタンダードカード。ショッピングガード保険は年間最大100万円で、補償期間90日以内、本人負担代金1万円(1回の事故につき)が適応。さらに通信料金に応じてキャッシュバックや使用価額に比例してポイントがたまり、賞品やドコモポイント、ANAマイレージなどと交換できるポイント・プレゼントコースも用意。PC・スマホから10分で申込完了!


NTTグループカードレギュラー審査のコツや口コミ・評判や対象、年会費、保険制度、サービス、得点、景品、キャッシュバッグや還元率、審査の時間、申込方法などの特徴を紹介。

NTTグループカードレギュラーのスペック一覧

住信SBIネット銀行Mr.カードローン●クレジットカード名
NTTファイナンスNTTグループカードレギュラー


●カードフェイス
ブルー色のパターン


●発行ブランド
MasterCard、Visa


●お申込みいただける方
@本会員
高校生を除く18歳以上で、本人に安定した継続収入の人やアルバイト/派遣/パートの人、また本人の配偶者に毎月定期的な収入が入ってくる人。
A家族会員
生計を一緒にする配偶者・両親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。
※申し込み人がパート・アルバイト、学生、専業主婦(主夫)の人の時は、家族会員の指定はできません。


●年会費
@本会員
・WEB明細の場合は無料
・紙明細の時は1,200円(税抜)
A家族会員
無料


●ショッピングガード保険
年間MAX100万円
・補償期間90日以内、本人の負担価額1万円(1回の事故につき)が適応。
・対象となるご利用
NTTグループカードレギュラー会員の方が、さまざまな通信端末(パソコン、携帯電話、CATVなどの通信機能を備えた|搭載した端末)を使用して、オンライン上の仮想の店舗にてNTTグループカードレギュラーを利用し購入した商品。
・年間の限度代金:お一人あたり100万円
・商品補償期間:利用明細書の記入の利用年月日よりその日を含めて90日以内
・本人負担代金:1回の事故につき1万円
・保険対象者:補償の対象となるアイテムを正当な特恵をもって所有されている人。
・保険金の請求:そのアイテムを購入したNTTグループカードレギュラー会員(本会員)に限ります。


●MyLink会員ネット安心サービス
・ネット予約のキャンセル補償サービス
MyLink会員さまが、インターネット上でご予約し、NTTグループカードレギュラーにてお支払いされた旅行などの金額について、 指定の事由により旅行等を取り消した場合に発生したキャンセル金額を補償します。
※キャンセル料金が発生する場合に限ります。
・倍増TOWN安心サービス
※倍増しTOWNでのショッピングの際にカード番号を不正に利用された場合の損害金額を補償します。


●キャッシュバック&ポイント
高い還元率のキャッシュバックとポイントをためて景品と交換できる
NTTグループカードならではの「選べる2つのコース」。


●おまとめキャッシュバックコース
対象の通信料金に応じて、毎月キャッシュバック!毎月のショッピング利用集計代金と対象の通信代金に応じてキャッシュバックするコース。対象の通信料金を多くご利用いただく方はこちらがお得!?
@キャッシュバック対象の金額
・NTT東日本とNTT西日本の加入電話
・フレッツ・サービス
・ひかり電話等の基本料、通話と通信料
・NTTドコモのXiサービス
・FOMAサービス、パケット通信サービス
・衛星電話サービス(船舶の電話を除く)
・NTTコミュニケーションズのOCNご利用料金
・NTTコミュニケーションズ利用分の電話料金(県間・国際通話料金)等
・NTT-MEのプロバイダー(WAKWAK)価額など
・NTTぷららのプロバイダー(ぷらら)料金、ひかりTV料金等
・@niftyのプロバイダー価額等
・BIGLOBEのプロバイダー金額等
※1社だけの請求でもキャッシュバックの対象となる。
※キャッシュバック対象の代金を毎月クレジットカードでの定期払いにご登録された場合のみ適用となる。
※NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズの各金額のNTTグループカード払いの申込みは「カード払い取次サービス」からお手続きいただけます。
Aキャッシュバック対象代金の最大限度額
・最高15,000円
※キャッシュバック対象金額の集計料金が15,000円を超えた場合、キャッシュバック料金は15,000円にキャッシュバック率を乗じた金額となります。
Bキャッシュバック率
0円から2万円未満:0%
2万円から4万円以下:1.5%
4万円〜6万円未満:3.0%
6万円んから8万円以下:4.5%
8万円んから10万円まで:6.0%
10万円〜20万円未満:8.0%
20万円〜30万円未満:18.0%
30万円から40万円未満:28.0%
40万円から50万円まで:38.0%
50万円〜60万円以下:50.0%
60万円〜:60.0%
C倍加TOWNを利用
会員専用ポイントモール「倍増TOWN」を経由すれば、キャッシュバック額がどんどん増える!ネットでのいつものお買い物でポイントが2〜26倍に!(1ポイント=0.5円でキャッシュバック)楽天市場やYahoo!ショッピングなど450店舗以上で利用いただける。
D申込みからキャッシュバック適用
・月々月末までにNTTファイナンスホームページで「おまとめキャッシュバックコース」へサービスの変更登録が終了したもの、あるいは「おまとめキャッシュバック申込書」がNTTファイナンスに到着したものにつき翌月25日のご請求時から「おまとめキャッシュバックコース」が適用される。
・本サービスは「ポイント・プレゼントコース」との選択制です。「ポイント・プレゼントコース」を選択された人は、「おまとめキャッシュバックコース」の対象外となります。
※毎月のショッピングご利用総計額(キャッシュバック率の算定金額対象外を除く)がキャッシュバック率算定代金の対象となる。
※「出光キャッシュバックシステムご利用分」および「キャッシングリボ」、「海外キャッシング(一括)」などは、キャッシュバック率の算定額の対象となる。
※本サービスは「ポイント・プレゼントコース」との選択制です。「ポイント・プレゼントコース」を選択された人は、「おまとめキャッシュバックコース」の対象外となります。
※NTTグループカードのご利用料金にキャッシュバックの対象金額が含まれない時、キャッシュバックは適用されません(新規でご入会された本人さまの場合、NTTグループ料金などが発生するまでの数か月間はキャッシュバックが発生しません)。
※ドコモショップ店頭で請求書(払い込み票)の支払いをクレジットカード決済した場合、キャッシュバック対象額となりません。
※本サービスはNTTグループカード(レギュラー/ゴールド)会員さまのみ対象。
※キャッシュバック対象額を含め、月間2万円以上のショッピング利用がある時、キャッシュバックの対象となります。
※キャッシュバックの対象料金もショッピングの利用額に加算して算計します。
※キャッシュバック対象金額を毎月クレジットカードでの定期払いにご登録された場合のみ適用となる。
※キャッシュバック料金に端数が発生した場合、小数点以下は切捨となります。
※キャッシュバック対象料金のクレジットカード払いの開始時期は各社変化するのでご注意ください。


●ポイント・プレゼントコース
ポイントをためて、素晴しいアイテムと交換。利用額に応じてポイントがたまり、アイテムやドコモポイント、ANAマイレージなどと交換が可能です。ポイントの有効期間は2年間です。
@ポイント計算方法
・NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、NTTファイナンスおまとめ請求:ご利用料金200円につき2P
・tabalまるごと決済:利用料金200円につき4ポイント
・ショッピング利用金額1,000円につき10ポイント
・ボーナスポイント計算期間中の「今回の獲得ポイント数」が通算5,000ポイント目標到達毎にボーナスポイント500P
※「出光キャッシュバックシステムご利用分」および「キャッシングリボ」、「海外キャッシング(一括)」等は、ポイント付与の対象となります。
※本サービスは、「おまとめキャッシュバックコース」との選択制。「おまとめキャッシュバックコース」を選んだ人は、「ポイント・プレゼントコース」の対象外となる。 (NTTグループカード(レギュラー/ゴールド)会員の場合。NTTグループビジネスカード会員は「ポイント・プレゼントコース」のみとなります)
※ドコモショップ店頭で請求書(払込み票)の支払いをクレジットカードで決済した時、、ショッピングの利用額1,000円につき10ポイントとなります。
Aポイント有効期間
・ポイントを獲得した月より2年間。
※アイテムを交換した時、獲得した月より古いポイントからの交換となる。
※有効期間終了後、自動的にポイントが失効となります。
Bポイントの加算月
・ポイントは支払方法毎に算出し合算いたします。
※2回払い、ボーナス一括払い、リボルビング払い、分割払い(3回以上)は、お買い上げの翌月に全ポイントが合算されます。※ご利用加盟店からの売り上票の到着時期が毎月末日の締切り日に遅れたご利用分について、その額をご請求させてもらう月にポイントが表示されます。
※NTTグループビジネスカード会員の支払い方法は1回払いのみとなる。
Cポイントとプレゼント景品交換の申込期間
・7月1日〜翌年6月30日(当日消印有効)
※通年の景品ラインアップは、毎年7月にリニューアルいたします。
※期間限定景品ラインアップは、ホームページにより別途知らせます。
D景品の申し込注意事項
・カード会員本人の方からの申し込みのみとさせていただきます。
・キャッシュバック」、「ドコモポイント移行」、「ANAマイレージクラブポイント移行」または「ちょコムポイント移行」については、NTTグループカード(レギュラー/ゴールド)会員の人のみとします。(NTTグループビジネスカード会員の人は利用いただけませんので、事前に承知ください)
・アイテムのお届け先・お届け日は指定いただけませんので、事前に承知ください。
・申し込後の景品の交換やキャンセル等は容赦ください。
・景品の仕様、デザイン、品揃えは、予告なく変更させていただく時があります。ある。
・記載内容に不備がある時、お支払の遅滞などがあった時にはアイテムを差し上げられない時があります。


●特別なサービス
・NTTグループカード専用ポイントモール「倍増TOWN」
会員専用ポイントモール「倍増TOWN」を経由するだけで、ネットでのいつもの買物でポイントが2〜26倍に!楽天市場やYahoo!ショッピング等、450店舗以上でご利用いただけます。
おまとめキャッシュバックコースの場合は、1ポイント=0.5円でキャッシュバックいたします。
・ご優待サービス
トラベル、レジャー、カーライフなど、生活のいろいろなシーンで権利が受けられます。MasterCardブランド、Visaブランドのご優待情報も。
・出光キャッシュバックシステム
全国の出光サービスステーションでの利用に伴って、翌々月のガソリン代を最大40円/リットル割引。
・電子マネーチャージ
電子マネーチャージも便利で{おトク|お得|おすすめ|!楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAのチャージに利用ができ、ポイント付与の対象となる。
・カード払い取次ぎサービス
「NTT東日本」、「NTT西日本」、「NTTドコモ」、「NTTコミュニケーションズ」のご利用価格のカード払いをワンストップで申込できる。


●追加可
・ETCカード
・家族カード


●提携信用情報機関の名称・住所・問合せ電話番号・ホームページアドレス
◆全国銀行個人信用情報センター
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
TEL:03-3214-5020
ホームページアドレス:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/


※必ず申し込みになるご本人の方がご入力ください。入力内容をもとに所定の審査のうえ、入会手続きをします。
※カード発行手続きに際し、ご自宅または勤め先に連絡することがあります。
※本サービスの申込受付は、日本国内に在住し、NTTファイナンスの提携する金融機関にお支払い口座を持っている方に限ります。
※年末年始およびゴールデンウイークなどの長期連休は、カードお届けまでに時間がかかる場合があります。
※運転免許証または運転経歴証明書の交付がある方は、運転免許証または運転経歴証明書での本人確認が必要になるので、必ず準備してください。尚、運転免許証または運転経歴証明書の交付の有り無しが確認できない場合、電話で確認させていただきますので了承ください。
※当社へ送付された書類は返付できません。

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンTOP

 

 

{最初に自身の信用情報請求で{自分の信用を確認|信用情報を確認すれば審査に落ちにくい時期がわかる!

住信SBIネット銀行Mr.カードローン クレジットカード利用の審査の時には、申込者の信用情報が請求されることははご存知のことかと思います。
ですが、自身の信用情報には何が書かれているのか、知りたいですよね。

実は自身の信用情報は、個人信用情報機関に開示を求めれば閲覧することが可能なのです。
ある意味、自らの信用情報をまず{知る|把握することが{審査{に落ちない|をパスする|融資ためのコツと{も言えるでしょう|言っても過言ではありません。

日本における信用情報を保存している会社は、主に「全国銀行個人信用センター(全銀協)」「日本信用情報機構(JICC)」「シー・アイ・シー(CIC)」の3種類です。
3種類もあると、どこに開示を請求すればいいの?とお思いになるでしょうが、この3つは違ってますから、利用したいと考えているローン会社が使っているところで選ぶのがいいでしょう。
心配であれば、複数に開示を請求しても問題はありません。

開示の申込方法としては、郵送とインターネットから、または実際に信用情報機関に出向いて行います。開示の申込方法に関してや必要書類は各信用情報機関の解説を参照してください。

、閲覧可能な信用情報は主に、勤務先や氏名などの「本人を識別するための情報」、申込の事実や延滞・自己破産などの事故情報といった「支払い状況に関する情報」の2種類で、融資において重要なのは後者の「支払い状況に関する情報」になります。
ですので、請求した信用情報が到着したら、この「支払い状況に関する情報」の情報を見ましょうなりますので、ショッピング保険が活用できる可能性があがりますよね。
こういったふうに、審査の時期の目安にすることもできますので、開示してみるのも1つの方法でしょう。